ブレーンストーミング

業務改革とデジタル化

リーンシックスシグマによる業務改革とノーコード・ローコードプラットフォームを活用したデジタル化をアジャイルで行います

業務改革

共感マップで「顧客の声」を定義し、リーンシックスシグマを活用した業務改革と顧客体験向上を一気通貫で実施します

共感を持つ

 

私たちが顧客に共感し

新しい体験を創造します

大胆な目標

変革には大胆な目標が必要です。

従来と異なる視点で

解決策を模索します。

高いアジリティ

変革にはスピードが求められます。

計算されたリスクを取り2週間で

スプリントを回します。

顧客が何を考えどのように行動するのか、何を求めているのかを理解するために、顧客を観察したり、話を聞いたり、自分で体験します。観察→体験→発見→プロトタイプを繰り返すことで顧客自身が気が付いていないインサイトを発見し解決策を導きだします。

そもそもこの業務は必要なのか、どのような価値を生みだしているのかを問いかけます。業務改革は業務改善と異なり業務を再構築することであるため10Xを目指します。コストを1/10、手作業件数を1/10、処理時間を1/10、単位時間当たりの生産性を10倍。

SIPOCで業務を清流化し、バリューストリームマップで非付加価値活動を排除します。誰がどのような課題を解決するために何を行うのかをユーザーストーリーとして定義します。UX・UI方針に基づきワイヤーフレームを作成します。

開発デリバリー

継続的に高品質の体験を提供するため継続的に求める水準をあげます。

agile.png