ビジネスミーティング

TOM構築

オペレーティングモデルの将来像を策定し、ビジネスモデルとテクノロジーをモダナイズすることで新しい顧客体験を構築します

ターゲット・オペレーティング・モデルとは

ターゲット・オペレーティング・モデルとは、テクノロジーと業務プロセスをモダナイズし新しい顧客体験を構築することです。先ず初めにエンド・ツー・エンドでビジネスアーキテクチャーを可視化します。次に新しい顧客体験を実現するために各業務機能をどう再構築すべきかを定義し、業務改革KPIs(Key Performance Indicators 重要業績評価指標)に落とし込みます。業務機能や業務プロセスの評価は全て顧客を起点に行います。デザイン思考を用いることで顧客自身が認識していないインサイトを発見することも可能となります。

業界毎のビジネスアーキテクチャー

生命保険会社ではビジネスアーキテクチャーを基に各業務機能や業務プロセスの新しい顧客体験を定義しました。財務リターン・顧客影響度・開発難易度の指標を用いて優先度を決定しデジタル戦略のロードマップに落とし込みました。

TOM.png
TOM2.png